小児歯科

フッ素塗布について

フッ素は虫歯に強い歯をつくる性質を持っています。

このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。

@歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。

A脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。

Bフッ素を歯に塗った後は30分程うがいや飲食をさけます。

 (たまったつばは吐き出してください。)

上の@〜Bを2週間の内に3回程度行います。 これを年に2〜3回実施します。

この他にもフッ素の洗口法(うがい)などがあります。

ご家庭では、フッ素入りの歯磨き剤の使用をおすすめします。

090302025.gif

 

シーラントについて

奥歯の噛む面には溝があり、虫歯が出来やすいところです。

ここにシールをして虫歯を予防する方法があります。

これがシーラントです。 シーラントは歯を削ることがないので

痛みはありません。 特に生えたての歯に行うと効果的です。

ただし、このシールが剥がれることもあり ますので、定期的に

健診をする必要があります。

(シーラントを行ったからといって、必ずしも虫歯が出来なくなると

いうものではありません。 また、これらの処置は初期の虫歯の

治療法としても行います。)

090203011.gif